SUNAのきままな写真付き日記
PROFILE
記事や写真に感想などありましたら
気軽にコメントしてください♪
NEW ENTRIES
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PAST PICTURE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sunalife. Make your own badge here.
2012年の画像一覧
2011年の画像一覧
2010年の画像一覧
2009年の画像一覧
2008年の画像一覧
2007年の画像一覧
2006年の画像一覧
2005年の画像一覧
2004年の画像一覧
2003年の画像一覧
2002年の画像一覧
2001年の画像一覧
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RUN DISTANCE
年月 走行距離(km)
2009/12 0
2009/11 0
2009/10 50
2009/09 156
2009/08 178
2009/07 0
2009/06 0
2009/05 0
2009/04 0
2009/03 0
2009/02 0
2009/01 0
2008/12 0
2008/11 0
2008/10 123
2008/09 79
2008/08 0
2008/07 50
2008/06 0
2008/05 0
2008/04 0
2008/03 0
2008/02 0
2008/01 102
2007/12 0
2007/11 65
2007/10 66
2007/09 0
2007/08 341
2007/07 75
2007/06 56
2007/05 192
2007/04 65
2007/03 85
2007/02 250
2007/01 101
2006/12 361
2006/11 179
2006/10 301
2006/09 186
2006/08 586
2006/07 157
2006/06 169
2006/05 196
2006/04 91
2006/03 80
2006/02 252
2006/01 281
2005/12 60
2005/11 328
2005/10 240
2005/09 340
2005/08 770
2005/07 612
2005/06 236
2005/05 499
2005/04 398
2005/03 589
2005/02 474
2005/01 634
2004/12 397
2004/11 577
2004/10 305
2004/09 360
2004/08 723
2004/07 615
2004/06 523
2004/05 495
2004/04 351
2004/03 115
2004/02 388
2004/01 618
2003/12 994
2003/11 344
2003/10 281
2003/09 631
2003/08 125
OTHERS
『7つの習慣』のススメ


ぼくが人に勧めている本は主に「金持ち父さん」シリーズと「7つの習慣」シリーズですが、「金持ち父さん」シリーズは経済的な視点で、「7つの習慣」は人格的な視点で人を成長させる手助けになると感じています。

『7つの習慣』で紹介されているインサイド・アウトや7つの習慣の内容はとても素晴らしく、老若男女問わず、一人でも多くの人に読んで、その内容を理解していただきたいと思っています。

7つの習慣のうちの第三の習慣「重要事項を優先する」はとても重要で、このテーマについてさらに1冊本が出ているほどです(『7つの習慣 最優先事項』)。

ここで述べられている重要度と緊急度の時間管理マトリクスはとても素晴らしい考え方です。私たちのすべての活動を緊急/緊急でない、重要/重要でないという2つの軸によって4つの領域に分け、第二領域(緊急ではないが、重要な事柄)に集中しようという内容です。

健康管理や人間関係づくり、勉強や自己啓発、準備や計画などはこの第二領域になります。重要だけど緊急ではないため、多くの人が後回しにしたりして集中していないのが現状でしょう。

しかし、第二領域を疎かにしておくと、いずれ緊急かつ重要な第一領域の事柄に変わってきます。健康管理を疎かにしていたら病気になってしまった、というのがわかりやすい例でしょう。

緊急でないうちにやっておけば大したことなかったのに、後回しにしているうちに問題が大きくなっていって、気がついたらどうにも手が回らない状況になってしまうことがあります。

7つの習慣は、そのそれぞれが他の習慣と関連しています。前提となる習慣(第一の習慣「主体性を発揮する」、第二の習慣「目的を持って始める」)ができて初めて、この「重要事項を優先する」習慣ができるというわけです。

うまくいっていない人生をよい方向へ向かせたい人、自分の人生をよりよくしていきたいと思う人は、自分を見つめ直してみませんか? 多くの成功のヒントが書かれているこの『7つの習慣』をお勧めします。

7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった!
JUGEMテーマ:写真


| | comments(6) | trackbacks(0)
コメント
『7つの習慣』は銀行に勤めている弟が新入社員研修のときの読書課題になってました。
ビジネス本ってマユツバものが多いのであまり読むことはなかったのですが,
今度読んでみたいと思います。
| seigo | 2008/10/31 12:15 AM |
>seigoさん
『7つの習慣』の内容のセミナーを社員研修として取り入れている
会社もあるようで、その評価はとても高いようです。

この本は、最初堅苦しく感じて読みづらいかも知れません。
でも、がんばって読み続けているうちに、途中からスラスラと
読めるようになります。

様々な本を読んでいらっしゃるseigoさんには
どこかで見たことがある内容だなとか、こんなこと分かっているよ、
などと感じる部分もあるかもしれません。
でも、頭を柔軟にして読んでみてください。

素直な気持ちで読めば、自分に足りなかった考えや
なんとなくわかっていたけどハッキリとまとまっていなかったこと、
人に説明する際に使える言葉や事例など、
様々な発見があると思います。

読み終えましたら、ぜひ感想等を書いてください。^-^;
| SUNA | 2008/10/31 11:38 AM |
7つの習慣は本当に名著ですね。
私は大学時代にアルバイトをしていた塾の
オーナーに薦められてこの本を読みました。

著者のStephen R. Covey氏が、
“ A remarkable book from a remarkable woman
who lives what she teaches."
と評された“Thank You Power”という、
アメリカで昨年ベストセラーになった本があります。

A remarkable womanと呼ばれている
著者のデボラ・ノービルはアメリカのジャーナリストで、
Inside Editionなど、
看板ニュース番組のアンカーを務めています。
ジャーナリストとしてさまざまな人に出会うなかで、
本当に成功している人、幸せに生きている人に共通する
1つの真実=「感謝の習慣を持っている」に気づき、
それを深く調べ、一冊の本にまとめあげました。

アメリカではベストセラーになり、
韓国語版は発売されてから3ヶ月で10万部を超えるなど
多くの人に読まれていますが、
日本語版が12月上旬に弊社バベルプレスより出版する運びとなり、
もしご興味があれば、と思い、コメントをさせていだだきました。
詳細をHPでご確認いただけたらうれしく思います。
http://www.thankyoupower.jp/

バベルプレス 千田
| senda | 2008/11/21 3:32 PM |
>sendaさん

初めまして。
『7つの習慣』の素晴らしさに感銘を受け、
知り合いに勧めています。
多くの人に読んでいただきたいですね。

お勧めの本のご紹介、ありがとうございます。
宣伝的なコメントとはいえ、確かに
興味がありそうな本ですのでチェックさせていただいました。

色々な本を読んでいるところで、
読みたい本がたくさんありますが、
今後の読書対象リストに入れたいと思います。^-^;
| SUNA | 2008/11/23 2:29 PM |
丁寧なレスをありがとうございます。
SUNAさんの読書対象リストに入れていただけること
とてもうれしく思いました(^^)

7つの習慣、私もついついいろんな人に
おすすめしてしまいます。
まず妹に薦めたら、最初、
本の厚さにびっくりしていましたが、
妹もとても感銘を受けて、
レポートにまとめていました。
本当に素晴らしい本ですね。

お返事をありがとうございました。
| senda | 2008/11/25 10:38 AM |
>sendaさん
『7つの習慣』は読み応えがあるので、
読むのに一苦労ですよね。
ある程度読み進めていくと、
スラスラ読めるようになるのですが、
たいてい前半くらいで疲れて挫折していまう方もいるようです。

軽く自分で7つの習慣について説明してから
読んでもらうと、少しは違うかもしれませんね。^-^;
| SUNA | 2008/11/29 5:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sunalife.com/trackback/1880
トラックバック

Copyright (C) 2001-2012 SUNA All Rights Reserved.