SUNAのきままな写真付き日記
PROFILE
記事や写真に感想などありましたら
気軽にコメントしてください♪
NEW ENTRIES
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PAST PICTURE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sunalife. Make your own badge here.
2012年の画像一覧
2011年の画像一覧
2010年の画像一覧
2009年の画像一覧
2008年の画像一覧
2007年の画像一覧
2006年の画像一覧
2005年の画像一覧
2004年の画像一覧
2003年の画像一覧
2002年の画像一覧
2001年の画像一覧
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RUN DISTANCE
年月 走行距離(km)
2009/12 0
2009/11 0
2009/10 50
2009/09 156
2009/08 178
2009/07 0
2009/06 0
2009/05 0
2009/04 0
2009/03 0
2009/02 0
2009/01 0
2008/12 0
2008/11 0
2008/10 123
2008/09 79
2008/08 0
2008/07 50
2008/06 0
2008/05 0
2008/04 0
2008/03 0
2008/02 0
2008/01 102
2007/12 0
2007/11 65
2007/10 66
2007/09 0
2007/08 341
2007/07 75
2007/06 56
2007/05 192
2007/04 65
2007/03 85
2007/02 250
2007/01 101
2006/12 361
2006/11 179
2006/10 301
2006/09 186
2006/08 586
2006/07 157
2006/06 169
2006/05 196
2006/04 91
2006/03 80
2006/02 252
2006/01 281
2005/12 60
2005/11 328
2005/10 240
2005/09 340
2005/08 770
2005/07 612
2005/06 236
2005/05 499
2005/04 398
2005/03 589
2005/02 474
2005/01 634
2004/12 397
2004/11 577
2004/10 305
2004/09 360
2004/08 723
2004/07 615
2004/06 523
2004/05 495
2004/04 351
2004/03 115
2004/02 388
2004/01 618
2003/12 994
2003/11 344
2003/10 281
2003/09 631
2003/08 125
OTHERS
湘南平ラン2 & 自分で解決!!都会引き返しラン


2003 9/23

ようやく休日に雨が降らなそうな感じになったので、今日こそは!! という気持ちで走りに出かけた。そしたら色々あって150kmくらい走ってしまった。

今日は曇りで降水確率30%とかの天気予報だったので、朝起きて走ろうと思っていたけど、天気にはあまり期待していなかった。

ど〜せどんよりした曇りなんだろ〜? と思いながらカーテンを開けると、そこには気持ちのいい青空が!! 一気にテンションが上がり、急いで朝飯を食べた。

寝不足なので本来なら土曜日のように午後まで寝ていたいところだが、土日が雨で自転車に乗れていなかったので、その分少しでも長い時間、距離、自転車に乗りたかった。なので午前出発を決意していた。

準備をして、午前9時頃出発。先週買ったHRモニターを、ようやく実際のツーリングで試すことができる。天気もいいし、久しぶりの自転車で気分はかなりいい。

しかし、走り出してすぐ、異変に気づいた。自転車のどこからか、キシキシと軋むような音が聞こえてくる。信号待ちや走りながらパッとチェックしてみたが、特に不自然なところはない。

前回の奥多摩ランのときは問題なかったし、あれから一度も自転車に乗っていないし、いじってもない。なので心当たりがない。この音はいったいなんだろう。

走っていると常にキシキシ聞こえてくるもんだから、気になってしょうがない。もし重大な整備不良で、このまま走っているといきなりハンドルが抜けるとか(んなわけないが)、そういう事態に発展するのだろうか、とまで思えてくる。

何度も止まって色々音の聞こえてくる辺りを調べてみたが、特にネジが緩んでいるとか、ガタがあるとかはなかった。ヘッド周りから聞こえてくるので、ステムなどを固定し直してみたが、音は消えなかった。

ヘッド周りから聞こえてくるような気もするし、BB付近かダウンチューブあたりから聞こえてくるような気もする。なんだかさっぱりわからない。

まだ買って間もないし、走行距離もまだ1000km以下だし、壊れるような心当たりもない。雨に降られたことはあるが、それだけでこんな軋むような音が出るのはおかしい。

色々やってみて結局解決しなかったので、しかたなくそのまま走ることにした。気持ちのいい空と心地よい涼しい空気に、心身共に癒される。しかし、キシキシにそれを蝕まれる。

キシキシ音を立てながら走っているもんだから、歩行者やすれ違うサイクリストは「何だこの音?」ってな感じで見てくる。あ〜わかってるよ、この音だろ、おれもっていうかおれが一番気にしているんだよ。

爽快で楽しいはずのロードが、不快感を感じながら走る自転車になってしまった。なんてことだ。MTBも不治のパキパキで不快感を感じていたが、ロードもキシキシで同じく不快感誘発マシンになってしまったのか。なんだかやるせない気持ちで境川サイクリングロードを走って行った。

R134にやってくると、信号待ちでごっつい体でスキンヘッドの外人がブロックタイヤのMTBに乗って信号待ちしていた。

走っている格好のおれを見て挑戦君にならないか、ちょっと心配になった。あんなのに追いかけられたら怖いなぁ。夢に出てきそうだ…。

とりあえずここは飛ばしゾーンなので、徐々にスピードを上げて、そしてアウターに入れて一気に加速。オラオラモードでガンガン走って行った。風を切る音で、キシキシは聞こえない。それもあるが、やはり飛ばすと気持ちいい。

R134を西に向かって走っていると、前にサイクリストの姿が。ここではダッシュをしたいのだが、ダッシュしたらガムシャラになって抜く挑戦君みたいになってしまう。

とりあえず少しペースを上げて走って、前のサイクリストを抜いてからダッシュをすることにした。しかし、なかなか前のサイクリストとの差は縮まらない。

そんな感じで、前のサイクリストを追っているうちにいつも1本目のダッシュをやるゾーンを過ぎてしまった。ようやく追いついたとき、それがMTBだったので驚いた。速いからロードだと思っていたのだが…。

後ろについたら、おれの自転車からキシキシとなる音でこちらの存在に気づいたようだ。こっちがロードなので、先に行かせてくれた。彼を抜くときにキシキシ鳴りまくっているのが恥ずかしかった。

前に人がいなくなったので、早速ダッシュをすることにした。全力でもがく、限界ダッシュだ。一気に速度が上がり、(体感的に)猛スピードで走り続けた。

実際の速度は50km/h台だが、風を受けるのですごいスピード感だ。100mほどダッシュし、流しに切り替えた。このダッシュで、土日に走れなかったこととかいろんなストレスが一気に吹き飛び、すごい晴れやかな気分になった。

今回のダッシュは、最大心拍数を知る意味もあった。最大心拍数を記録する機能がないので、ダッシュのピーク中にモニターの数値を確認する方法をとったが、おれの最大心拍数は180台のようだ。思ったより低くかった。

ダッシュが終わって道が狭くなっている所にやってくると、前回同様、かなり渋滞していた。休日にドライブとか、小田原や箱根の方へ遊びに行く人たちだろう。ここらは自転車の方がずっと早く進める。

湘南平へと向かう途中、ウィダーインゼリーを飲んでエネルギーを補給した。TTには間に合わないだろうが、とりあえず早めに。近くで子供が遊んでいた。

さて、2度目となる湘南平TT。前回は8分。今回は是非とも7分を切りたいところ。しかし、前回は2本のダッシュで乳酸たまりまくりだったが、今回もダッシュしていている。それでどれだけのタイムが出るだろうか。

前回は初めてだったが、今回はコースや地形を把握しているので、確実に有利だ。キシキシ鳴っているのが非常に気になるが、とにかくスタート!!

相変わらずきつい…。最初のきつい坂でかなり消耗し、HRも160くらいまで上がっていた。完全に乳酸閾値を越えている。とりあえず今回はタイムのことだけに集中する。

一番きついストレートの上り坂では、もういっぱいいっぱい。毎回ここでやられる。勾配計の気泡は、15%あたりで揺れていた。うぅ、最低ギア39X25Tじゃ苦しい…。

いくつかのキツイゾーンを抜けて傾斜が緩やかになったところで、ゴールに向けてスパート。もう売り切れている足を無理矢理動かす。タイムは6分30秒を回り、7分が危うくなってきた。

うぉぉぉ…と、心の中で叫び声を上げ、最後の力を振り絞ってダンシング。しかし、最後に少し傾斜がきつくなった所の途中で力尽き、意志に反して全身の力が抜けていった。

最後はフラフラしながらゴール。タイムは7分11秒。7分の壁は破れなかった。

頂上の駐車場には他にもけっこうサイクリスト達がいた。中年のMTBライダー達は話で盛り上がっているところだった。とにかく座りたかったので、適当な段差に自転車を止め、その隣に座り込んだ。

まだハァハァと荒れている息を整えつつ汗を拭いていると、奥の広場の方から自転車を押して歩いてくる人がいて、会釈すると「お疲れさん」と声をかけてくれた。なんだかそういう小さなふれあいが嬉しい。

疲れきっているしロード用のビンディングシューズを履いているので、今回も展望台に行く気にはなれなかった。本当は展望台からの景色は最高にいいんだろうけど。まぁいつか誰かと来たときにでも上ってみようと思う。

少し下ったところから写真を撮り、そこからは一気に麓まで下った。下りきると、帰り道に前回同様R1を選び、R1で藤沢方面へと走って行った。

午前中から走っているので、本来ならもっといろんな所を走りたいところだ。しかしこのキシキシがやばいので、ショップに見せに行くことにした。とりあえず家に帰り、昼飯を食べてからショップへと向かうことにした。

R1を走っていて、ふと気づくと後ろにローディが一人付いていた。おれは軽めのギアで流していて、いかにも走ってきた帰りだよという走りだったが、抜いてこなかったのでそのまま2人で走って行った。

後ろに付かれると常におれのロードから発するキシキシ音が相手に聞こえるのでかなり嫌だった。まぁしょうがないので、あまり後ろを意識しないように走っていたら、いつの間にか後ろのローディはいなくなっていた。

R467にぶつかると、ちょうどおじさんローディが横切ったところで、そのおじさんの後を追う形になった。お互い流している感じで走っていたが、渋滞で引っかかって詰まると、おじさんはこちらに気づいた。

すると、むこうはかなりこっちを意識してスピードを上げて、おれはマイペースで走っているのでどんどん差が開いていった。それが信号待ちで詰まって、また開いて…ということの連続だった。

最後は休憩しながらドリンクを飲んでいるおじさんを抜いて、また一人になった。その後、家に近づくにつれてそこら中で警察が検問をやっていた。なんかの取り締まり強化期間かな〜と思った。

いつもは夕暮れや日が暮れた後に帰るところを、昼の明るい時間に家に帰るのがなんだか新鮮だった。14時頃、帰宅。

湘南平ラン2
走行距離:76.4km
走行時間:3h 18m 49s
平均速度:23.0km/h
最高速度:59.7km/h
積算距離:627.8km(ロード)


「何でもいいから早くできるもの食べたい」と親に言うと、焼きうどんを作ってくれた。運動してきた後ということもあるが、これがめちゃくちゃおいしかった。

そしてショップが今日やっていることをネットで確認し(PCを起動するのにこれまた苦労した)、15時頃再び自転車に乗って家を出た。

行き先は地元の自転車屋ではなく、この自転車を買った都内ショップ。遠いが、買った自転車なら無料で点検、修理してくれる。それに、色々用事もあった。

この際コンパクトドライブ化しようと思ったし、ハンドル位置が遠くて腕が疲れるのでステムも短いのに 交換しようと思っていたし、走り屋さんから勾配計を買ってきてくれと頼まれていた。

自転車を買ったときのように拝島回りの遠回りコースでは時間がかかりすぎるので、今回は家からなるべく最短ルートで行く事にした。

最短かつわかりやすいコースだとR246と環八通りで行くのがベストだが、それは地図上の話。一度走ったことのある人ならわかるが、そんなコースを自転車で走る気にはなれない。

なので割とマイナーだけど県道レベルの道を縫うようにしてショップへと向かうことにした。まずはR16を北上し、相模大野の陸橋を越た先の鵜野森で県道52号へと曲がった。

ここからは走った事のない道なので、マップルと標識が頼りだ。山や海など、家から南、西、北西の方角にある国道・県道はほぼ走り尽くしているが、北東の川崎・東京都心方面の道は走った事のない道が多い。

それは車のことしか考えていない道の造りで自転車では走りにくいこと、車が多くて危険なこと、信号ばかりで距離が延びないこと、ビルばかりでどこも似たような景色が続いておもしろくないことなどの理由から、敬遠してきたからだ。

いつも走ろうとは思わないが、こういうときくらい、少しは走りにくさに目をつぶって、東京の方へと走ってみるのもいいかなと思った。

実際、路肩が狭くて走りにくいし車が多くて気を遣うし、バスにクラクションを鳴らされたりと、ストレスが溜まる要素が多かった。まぁ、今回だけと開き直って走って行った。

初めて走る道の上に交差点が多くて、いくつもの県道を移りながら走るコースだったので、何度も止まって地図を確認した。この辺りは頭の中の地図だけではカバーしきれない。

でも、この地図を見て頭の中にこれから走る道をインプットして、実際にその頭の中の地図を参照しながら走って行き、またわからなくなったら地図を見て…というその流れが久しぶりで楽しかった。

あまりいい道ではないが、また少しずつ未開の道を切り開き、自分のテリトリーが広がっていく。見知らぬ街の景色がとても新鮮でよかった。

30kmほど走ったあたりで、走りながら色々考えていた。そしてふとあることを思い出した。「そういえば、前MTBでもこんな風にキシキシいってたことがあったな」

あのときは確か…シートピラーを固定するクイックレバーが緩んでいたのが原因だったっけ。そう思い出した瞬間、ハッとした。もしや今回もそれが原因では?

さっそく歩道に入って止まり、シートピラーの固定部(このロードの場合はアーレンキーで固定するタイプ)を確認してみた。そしたら、やはり緩んでいた。

サドルバックから工具を出して締め付けると、けっこう緩まっていたことがわかる。そりゃキシキシ鳴るわな。走り出してみると、キシキシはまったく鳴らず、本来の気持ちのいいロードに戻っていた。

シートピラーの固定部が緩むと、その振動がフレームを伝っていき、結果として別の穴であるヘッド部やBB付近から軋む音が出てくる。だから原因がわからなかったのだ。

分かってしまうとなんでそんなことに気づかなかったんだよと思うが、気づくまではまったくわからなかった。以前の経験から学んだことが記憶の隅から出てきてよかった。

多摩川を越えてR20を過ぎ、どんどん北上していった。辺りは完全に都市部で、走りにくい。でも、それにもけっこう慣れているので、そこまで気にならない。好きではないけど。

五日市街道まであと少しのところまで北上したところで、いったん曲がるところを直進してしまい、道に迷った。時刻はもう18時を回り、薄暗くなっていた。

そこで、地図を見ながら考え直してみた。ここからショップまでは後10kmあった。ここまで40km走ってきているから、片道50kmか。ということは、往復100km!?

今日が土曜日なら帰りがどんなに遅くなってもナイトランをして帰る気になるが、明日は会社がある。今からすぐ引き返しても家に着くのは21時近くになる。このままショップを目指すのはちとまずい気がしてきた。

本来、自転車がキシキシいっているのを見て直してもらうのが一番の目的だったが、それは自分で解決した。買い物は別に今日すぐでなくてもいい。ここで危険を冒して明日に響かせるよりは、引き返した方がいいと判断した。

なんとも中途半端に東京の方まで走ってきてしまったが、無理することはない。来た道を戻って帰る。帰りも同じ道を通ることによって道を覚えるし、また別の道でナイトランしながら走るリスクを回避できる。

途中のコンビニでトイレ休憩とドリンク、エネルギー補給。駐車場で地図を眺めながらチョコレート菓子パンをほおばった。半袖レージャー&レーパンでは肌寒くなってきたので、ウィンブレを着て出発した。

最近は涼しいというかちょっと寒いくらいなので、ウィンブレを持ってきていてよかった。しかし、始めは寒さがなくなってよかったと感じたが、走り出してしばらくすると暑くなって汗ばんできたので、結局ウィンブレは脱いだ。

帰る途中、横からMTBチャリダーが出てきて、おれの前を走って行った。ちゃんとLEDのテールライトを点けている。おれはかなり疲れているので、その男の後ろについてゆっくり走って行った。

そのうち上り坂になり、男のスピードが落ちてきて詰まった。おれのLEDヘッドライトの明かりが男を照らすので、男はおれがすぐ後ろにいることに気づいた。

後ろを振り返り、「前行って」と目で合図してきた。おれとしてもそんなに余裕はないのだが、とりあえず前に出てマイペースで上っていった。後ろに付いてきていると思うと、自然とがんばってしまう。

その後しばらく一緒に走っていたが、ある交差点からいきなりガンガンスピードを上げて前に出たかと思うと、横道に消えていった。きっとこの辺りに住んでいて、ここらは庭みたいなものなのだろう。

R16まで戻ると、走り慣れた道に帰ってきたので急に安心感が出てきた。すでに今日150km近く走っていて、ダッシュや湘南平TTなども大きく影響して足の疲労もかなり溜まっていた。

しかし、後少しで家に着くことと平地の直線が続くことから、ここではドロップ部を持ってガンガン飛ばした。車と一緒に走り、渋滞の横を抜けまくり、どんどん家が近づいてきた。

家に着いたときは、クタクタだった。ただたくさん走ったからだけではなく、自転車が軋んだ精神的な凹み、走りにくい都会の道を走った疲れなども大きかった。

とりあえずキシキシの問題は解決したし、未開の地を走ったし、ある程度長い距離走ったし、前半の湘南平ランでは軋みながらもいい天気の下で湘南を走れたので、だいぶ充実した休日となった。

自分で解決!!都会引き返しラン
走行距離:78.79km
走行時間:3h 54m 11s
平均速度:20.1km/h
最高速度:55.2km/h
積算距離:706.7km(ロード)




| ラン 2003 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sunalife.com/trackback/319
トラックバック

Copyright (C) 2001-2012 SUNA All Rights Reserved.