SUNAのきままな写真付き日記
PROFILE
記事や写真に感想などありましたら
気軽にコメントしてください♪
NEW ENTRIES
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PAST PICTURE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sunalife. Make your own badge here.
2012年の画像一覧
2011年の画像一覧
2010年の画像一覧
2009年の画像一覧
2008年の画像一覧
2007年の画像一覧
2006年の画像一覧
2005年の画像一覧
2004年の画像一覧
2003年の画像一覧
2002年の画像一覧
2001年の画像一覧
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RUN DISTANCE
年月 走行距離(km)
2009/12 0
2009/11 0
2009/10 50
2009/09 156
2009/08 178
2009/07 0
2009/06 0
2009/05 0
2009/04 0
2009/03 0
2009/02 0
2009/01 0
2008/12 0
2008/11 0
2008/10 123
2008/09 79
2008/08 0
2008/07 50
2008/06 0
2008/05 0
2008/04 0
2008/03 0
2008/02 0
2008/01 102
2007/12 0
2007/11 65
2007/10 66
2007/09 0
2007/08 341
2007/07 75
2007/06 56
2007/05 192
2007/04 65
2007/03 85
2007/02 250
2007/01 101
2006/12 361
2006/11 179
2006/10 301
2006/09 186
2006/08 586
2006/07 157
2006/06 169
2006/05 196
2006/04 91
2006/03 80
2006/02 252
2006/01 281
2005/12 60
2005/11 328
2005/10 240
2005/09 340
2005/08 770
2005/07 612
2005/06 236
2005/05 499
2005/04 398
2005/03 589
2005/02 474
2005/01 634
2004/12 397
2004/11 577
2004/10 305
2004/09 360
2004/08 723
2004/07 615
2004/06 523
2004/05 495
2004/04 351
2004/03 115
2004/02 388
2004/01 618
2003/12 994
2003/11 344
2003/10 281
2003/09 631
2003/08 125
OTHERS
SUNA Life終了カウントダウン


2002 7/22

さてさて、SUNA Life終了まであと1週間をきりました。最終更新日は7月27日を予定しています。この日をもって、SUNA Lifeの第一期は終了となります。

SUNA Lifeを始めてから半年以上経ちますが、なるべく毎日更新するように努め、4月からは完全に毎日更新し続けてきました。楽しいながらも、それなりに時間と労力を費やしてきました。

旅から帰ってきてからは卒業研究に本気で取り組まなくてはならないので、今までのようにSUNA Lifeを更新していく余裕があるかどうかはわかりません。他の人が研究をがんばっているときに、わたしは旅に出ます。そのツケがまわってくることは、覚悟の上です。

9月にわたしが旅から帰ってきて、わたしがまだSUNA Lifeを更新するやる気があって、さらにみなさんがSUNA Lifeをまた見たいという、2つの条件が重なったら、またSUNA Lifeを復活させようと思います。

研究室などやるべきことなどで忙しかったり、その他の理由でわたしがSUNA Lifeを更新する余裕や気力がなかったら、無理をしてわざわざ時間と労力を費やす必要はありません。

また、わたしが更新する気になったところで、誰も見たいと思う人がいなければ、これまた時間と労力を費やす必要もないでしょう。

SUNA Lifeはわたしが忙しくてなかなかHPの更新ができない状況の中、気軽に更新できて、わたしがデジカメで撮った画像を紹介していくことができ、そして日記的な記録や思っていることを残せるコンテンツとして始めました。

きっかけはライターのスタパ斉藤さんという方の"スタパライフ"という日記ページを見ていたことでした。画像付き日記のおもしろさや素晴らしさを深く感じ、自分もやってみようと思い、メモライズで実現させました。

スタパライフにはスタパさんが撮影された素晴らしい景色の画像や、でかけたときに見かけたネコの画像や、デスク周りの小物のアップなど、実に様々な画像を紹介されていました。また、毎日更新されることの嬉しさや楽しさがあり、ファンも多かったようです。

SUNA Lifeも空、夜景、山、小物、海、動物、森、その他色々と様々な画像を紹介してきました。もちろんスタパライフにはかなわないと思いますが、SUNA Lifeもそれなりのよさがあったと思っています。他の閲覧者のみなさんから見たらどうでしょうかねぇ?

毎日日記を続けることは、わたしにとって大変ためになりました。何かを継続していく努力と言いますか、成し遂げた実感もありますし、まさに継続は力なりということを感じました。

毎日画像を選ぶわけですが、その画像はその日撮ったものや、その日より昔に撮ったものです。普段からデジカメでバシバシ撮影していることが、未来のSUNA Lifeの画像のネタになったりしているわけですな。ただ文章を書くだけでなく、そういった努力みたいなものもありました。

そして画像を選んだら、文章を書きます。SUNA Lifeを始める前は、普段からこんなに文章を書くことはありませんでした。実験レポートは別としますが……。なので、だんだん文章を考えたり書く能力が(わたしの中では)向上していきました。

このふざけた文章で何言ってんだ? と思う方もいることでしょう。しかし、以前のわたしよりは、確実に物事を考える事が多くなりましたし、毎日これだけ文章を書いていれば、それなりにためになるものなんですよ。SUNA Life中の本文には表れないかもしれませんが。

また、これだけ続いていると、昔のSUNA Lifeを自分で見返して楽しむこともできます。「あぁ、そういえばこの日はこんなことがあったなぁ……懐かしい」といった具合に、特別な出来事があった日でなくても、SUNA Lifeを見ればその日のことを細かく思い出すことができます。

それは生きていく上で必要不可欠なことではありませんが、わたしにとっては楽しいことですし、その時間は有意義な時間で、「人生を楽しむ」方法の一つとも言えます。小さなことですが、そういったことを大切にしていきたいのです。

このように、SUNA Lifeはわたしにとって「楽しみ」や「ためになる」といったことがあるので、ある意味「自分のため」に更新してきた部分があります。自己満足的な要素も強いでしょう。

一方で、SUNA Lifeを閲覧してくれた人たちもいます。主にサークルの知り合いであったり、メモライズでSUNA Lifeを知った人たちですね。一部の方からは、感想を聞かせてもらうことができました。

「人の日常がおもしろい」
「(自分にとっては)スナの非日常的な部分がおもしろい」
「毎日紹介される画像がきれいでいい」
「おれもGokuriファンになっちまったよ……」
などなど、様々な感想をいただきました。

SUNA Lifeを見て、その画像や文章に何かを感じたり、何か影響を受けた人がいる。感想を聞いてそういうことを実感すると、とても嬉しいです。

完全な自己満足なら、わざわざネット上に公開せずにローカルなディスク上で一人で記録を残しておけばいいでしょう。しかし、わたしは自分のためとは別に、わたしの画像や文章をネット上に紹介して、それを見た人が何かよいことを感じてもらえればいいなぁと思いながらネット上で更新してきました。

わたしがスタパライフの画像を見て、自分もいい写真を撮りたいなぁと感じたように。愉快な文章や人の日常や考えに触れて、楽しんだり新鮮さを感じたり考えさえられたりしたように。毎日更新される楽しみを感じたように。

もちろん、これだけではなく、人が何を感じるかはそれぞれなので、もっとたくさんのことがあるでしょう。興味のない内容でつまらない、という場合は別として、読み手が不快に感じると思われるようなことは書かないできたつもりですが、私の文章(画像)で不快になられた人がいれば、お詫びを申し上げます。

SUNA LifeはわたしのHP"ROOM SUNA"の中のSUNA Lifeのページに完全なバックナンバーがあります。題名一覧に加え、画像一覧もありますので、過去のSUNA Lifeを見る場合には活用してください。

最後の更新の際に改めて挨拶をすると思いますが、SUNA Lifeの終了のお知らせをさせていただきました。わたしのSUNA Lifeに対する考えなども含めて、SUNA Lifeへの感想などありましたら、ぜひお聞かせください。

早朝の森に差し込む木漏れ日、その幻想的な光景に、わたしは感動しました。その感動をSUNA Lifeを見ているあなたにも、少しでも感じてもらえれば幸いです。



| SUNA Life | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sunalife.com/trackback/651
トラックバック

Copyright (C) 2001-2012 SUNA All Rights Reserved.