SUNAのきままな写真付き日記
PROFILE
記事や写真に感想などありましたら
気軽にコメントしてください♪
NEW ENTRIES
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PAST PICTURE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sunalife. Make your own badge here.
2012年の画像一覧
2011年の画像一覧
2010年の画像一覧
2009年の画像一覧
2008年の画像一覧
2007年の画像一覧
2006年の画像一覧
2005年の画像一覧
2004年の画像一覧
2003年の画像一覧
2002年の画像一覧
2001年の画像一覧
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RUN DISTANCE
年月 走行距離(km)
2009/12 0
2009/11 0
2009/10 50
2009/09 156
2009/08 178
2009/07 0
2009/06 0
2009/05 0
2009/04 0
2009/03 0
2009/02 0
2009/01 0
2008/12 0
2008/11 0
2008/10 123
2008/09 79
2008/08 0
2008/07 50
2008/06 0
2008/05 0
2008/04 0
2008/03 0
2008/02 0
2008/01 102
2007/12 0
2007/11 65
2007/10 66
2007/09 0
2007/08 341
2007/07 75
2007/06 56
2007/05 192
2007/04 65
2007/03 85
2007/02 250
2007/01 101
2006/12 361
2006/11 179
2006/10 301
2006/09 186
2006/08 586
2006/07 157
2006/06 169
2006/05 196
2006/04 91
2006/03 80
2006/02 252
2006/01 281
2005/12 60
2005/11 328
2005/10 240
2005/09 340
2005/08 770
2005/07 612
2005/06 236
2005/05 499
2005/04 398
2005/03 589
2005/02 474
2005/01 634
2004/12 397
2004/11 577
2004/10 305
2004/09 360
2004/08 723
2004/07 615
2004/06 523
2004/05 495
2004/04 351
2004/03 115
2004/02 388
2004/01 618
2003/12 994
2003/11 344
2003/10 281
2003/09 631
2003/08 125
OTHERS
オムロンの新しいIT体重体組成計はどう?


オムロンの体重体組成計Karada Scan「HBF-354IT」を3年半ほど愛用しています。この度、ITシリーズのNEWモデルが発売という情報を得て、詳細をWebでチェックしてみました。

354ITは体重体組成データをPCへ転送して、PC内でデータを管理できるという特徴があり、ぼくはこれを利用してほぼ毎朝計測してデータをとり続けています。

しかし、なにぶん3年以上も前の機種なので、最近の体重体組成計と比べると計測内容に見劣りするところも感じてきました。そこで、以前オムロンに新しいIT機種をだしてほしいという意見メールを送ったりもしました。(「他にも同様の意見があり検討中です」という返事が来ました)



今回発売される「HBF-363IT」は、久しぶりのIT機種となります。ついに念願の新機種が発売された! と逸る気持ちを抑えながらHPを見てみると……あれ?

この機種はPCで情報を管理するのではなく、携帯電話で体重体組成データを管理するというコンセプトの製品でした。情報を管理できるという点で「IT」と名前がついていますが、ぼくが求めている方向とは別の製品だったので、ガッカリしました。

携帯でデータを管理できるという事に関してはおもしろいし便利だと思うのですが、やはりPCで管理できて、CSV出力してエクセルでグラフを作ったりすることができないと、魅力を感じません。

健康意識が高まっている時代ですから、体重体組成データを記録してPCで管理するという需要は少なからずあると思うのですが、製品化まではいかないレベルなんでしょうかねぇ。

354ITに対しての363ITの計測内容の変化は、「骨格筋率判定」と「皮下脂肪率」という項目について計測できるようになったという点です。後は同様のスペックなので、それほど不満があるわけでもないのですが、せっかく計測するなら詳しく知りたいな、という気持ちはありますね。

次機種では、ぼくが求めている条件の製品が発売されることを期待しております。次は本体からのデータ移行手段として携帯へ転送して、携帯→PCへとデータ送信できるようになると、携帯でもPCでもデータを見れていいかもしれませんね。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
筋トレ3ヶ月の成果


8月に筋トレを開始してから3ヶ月が経ちました。この3ヶ月で実際にどれくらいの変化があったのか、数値と実感から説明したいと思います。筋トレについて興味がある方の一つの参考になれば嬉しいです。

元々痩せ型で脂肪が少なかったこともあり、筋肉より脂肪が多めにつきました。これはプロテインや牛乳をよく飲んでいたこと、そして脂肪燃焼を行う有酸素運動をほとんどしていなかったことが原因だと思います。

ぼくが目指すところは体脂肪率が数%というアスリート的な体型ではなく、あくまで「健康」な体を目指しているので、この変化は全然問題視していません。まだ標準値より低い体脂肪率です。

少し脂肪がついたことで、少し寒さに強くなった気もしますし、日常生活をする上で必要最低限な脂肪が付いていることは悪いことではありません。(多くの人は過剰に脂肪がついているので問題となります)

筋肉の付き方については、8月の時点で腕も足も左右差があったのですが、3ヶ月でほぼ左右均等に筋肉がついている状態まで矯正されました。体のバランスはとても大切なので、これは大きな成果です。

筋肉量という数値上はそこまで変化はありませんが、実感としてはかなりついた気がします。見た目上でもよくわかりますし、重たいウエイトで筋トレができるようになったり、階段を上がるのが楽になったりと、変化を実感しています。

休職中は週3回のペースで筋トレをしていましたが、現在は学校が始まって生活スタイルが変化したこともあり、週2回になっています。週2回だと現状維持+αという程度ではありますが、続けることに意味があります。

筋トレは、重要だけど緊急ではない、第二領域の活動です。健康な体で人生を楽しむために必要な投資なので、これからも出来る限り続けていきたいと思います。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
見た目は20代前半?


整体の学校では老若男女様々な方と一緒に学んでいますが、ぼくの歳を言うと、みんなから「もっと若く見える」という反応が返ってきます。若く見えるということは、ぼくにとってはとてもいい誉め言葉です。

20代前半という見解が多いようで、実年齢とは5〜6歳くらいは若く見えているようです。Karada Scanの計測による体年齢も21〜23歳くらいなので、見た目の年齢と体年齢の数値はほぼ一致しているみたいですね。

数ヶ月前に筋トレを始める前の「18歳」に比べて体年齢が上昇したのに合わせて、気持ちも18歳から22歳くらいに引き上がりました。これでようやくお酒を飲んでも問題なくなりました。(笑)

以前は「気持ちは18歳ですよ」というと、「じゃあ未成年だから酒は飲んじゃダメだろ」などと冗談を言われたものですが、今後はそういう切り返しはなくなるでしょう。どうでもいいかもしれませんが…。

何も努力せずに若々しい体を維持できているわけではありません。それなりに努力している結果です。秘訣は、日々の生活習慣ですね。これは当たり前のことですが、健康的な生活習慣を心がけることです。

気持ちを若く保つ、ちゃんと睡眠をとる、定期的に運動する、肌のケアをする(洗顔後は化粧水をちゃんとつけてますよ)、などに加え、かなり大切なのは、食生活でしょう。

どんな食品にどんな栄養素があり、どんな食品をどんな調理法で、どんな組み合わせで摂取するするかなど、いろいろ意識して食事をすることは大切だと思います。

老化の原因の一つである活性酸素を除去する活性酸素吸収能力(抗酸化力)に優れた製品をとり続けていることも、若々しい体を維持できている要因の一つかもしれません。

健康は、急に悪くなることはあっても、急によくなることはほとんどないと言っていいでしょう。若若さについても、日々の体にいい生活習慣を続けることが大切です。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
健康への努力を続けられる?


いつもストレッチや筋トレをしていて思うのですが、これらは目標や目的意識をしっかりと持って、ストイックにならないと、なかなか続けられないなと思います。

ストレッチや筋肉をつけることが体にいいことだと頭ではわかっていても、それをやらない、もしくはやろうとしたけど続かないという人は、目標をうまく設定できていなかったり、重要事項を優先できていないのだと思います。

プロのスポーツ選手でもない限り、体を鍛えたりすることは日常生活を送る上で、やらなくても(当面の間は)問題ないことだと思います。やってもやらなくてもいいことなら、大抵の人はやらないと思います。

だから、時間がない、お金がない、もっと優先することがある、というようなもっともらしい理由をつけて、健康維持にコスト(お金や時間など)を費やすことを後回しにしてしまいます。

健康に対する投資をすることの大切さに気付いたり、もっと理想の体になりたいと強く願ったり、なにかきっかけをつくり、目的意識をもって、より健康な体をつくる努力を続けることが大切だと思います。

自分がやっていることの意味をちゃんと理解し、うまく設定された目標があれば、それに対する努力を続けること、モチベーションを保つこともできるのではないかと思います。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
下背部も筋トレ


今月は3周目にフィットネスクラブへ行けなかったので、通うペースが崩れて今日が5月最後の筋トレ日となりました。今回は下背部の筋トレも取り入れ、体の筋肉バランスを考えたメニューにしました。

日曜日にフィットネスクラブを利用するのはとても久しぶりで、日曜の夜の利用は初めてかもしれません。そのため、営業時間を勘違いしていて運動時間が少なくなってしまいました。

普段は夜23時まで営業しているので、その感覚で夕方に行ったのですが、日曜日は20時までらしく、走る時間が20分しかつくれませんでした。次回日曜日に利用するときには気をつけようと思います。

筋トレは、いつもの基本メニューの中で腹筋と背筋をワイヤーのマシンから自重トレーニングベッドに切り替え、下背部を鍛える背筋トレ、そして腹筋も回数を調整しました。

自重トレーニングでも、かなり負荷がかかってきついです。最後に横にひねる動作を加えて横側の筋肉を意識させるのもやりやすく、しばらく腹筋と背筋はマシンではなくてこのベッドでやっていこうと思います。

筋トレをやって筋肉をつけようとすることは健康的でいいと思いますが、間違った方法で筋トレを行うと、体のバランスが崩れてしまって不調を起こすことがあるので、正しい知識の下で楽しく続けたいですね。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
体脂肪率激減


毎度お馴染みではありますが、夏のツーリングに行った後に体脂肪率が激減しました。運動量や汗、バランスのとれた食事などがうまく機能しているのだと思います。

ツーリングから帰ってきた翌日は8.2%、翌々日は6.8%と、それまで10数%だった体脂肪率が10%を切り、一時的ですが、とても絞られた体になっています。

ちょうどいい機会なので、2005年から4年以上ほぼ毎日計測しているKarada Scanの体組成データのうち、今年のこの日までの分のデータを紹介します。



グラフの最後の方で、空白(旅に出ていたので未計測の区間)の後に体脂肪率が激減、筋肉率が上昇しているのがわかります。元の生活に戻るので、体脂肪率はこの後また上昇していくと思います。

ところで、このグラフを今年の初めから8ヶ月という期間で見てみると、体重は緩やかに低下、体脂肪率も緩やかに低下、筋肉率が緩やかに上昇しているのがわかります。

毎週1回の筋トレと有酸素運動をする習慣を続けた結果、しっかりと数値としても変化が現れています。1週間に3時間ほど、フィットネスクラブで汗を流す時間を作るだけです。

もしダイエットも含めて健康的な体になりたい、維持したいと考えている方がいるなら、ぜひ運動をする習慣をつけていただきたいですね。運動をする習慣やバランスよい食事以外の方法では、恐らくうまくいかないでしょう。

手っ取り早く健康になる方法はありません。日々の積み重ねが今の自分、そして未来の自分をつくっていきます。健康な体で人生を楽しみたいならば、いつかではなく、今から行動を起こしましょう。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
笑顔で冬を乗り切ろう


しばらく寒くなったり暖かくなったり気温が不安定でしたが、最近は寒い日が続いています。体調管理にいっそう気をつけて、健康な状態でこの冬を乗り切りたいですね。

この1ヶ月くらいの間に、ぼくの周りでも風邪をひいたりインフルエンザにかかったりする人がちらほらいましたが、ぼくは今のところ大丈夫です。

暖かくしたり、手洗いうがいを徹底したり、マスクをしたり、しっかり寝ることも大切ですが、気持ちの面でもしっかりするよう気をつけています。

気分が落ち込んだりすると免疫系が弱まりやすくなるので、風邪をひきやすくなります。常に前向きな気持ちで、そしてニコニコ笑顔を意識しています。

笑うとNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化して、免疫力が上がるという説があります。お笑い番組などを見て大いに笑うのも、いいかもしれませんね。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
たばこ税1本5円増税


たばこ税を1本あたり5円引き上げる方向で調整に入ったそうですね。愛煙家の方々には悩ましいかもしれませんが、嫌煙家のぼくとしてはいい方向に動いているなと感じます。

世界に目を向ければ、ヨーロッパでは70〜80%の税率で1箱1000円近い値段の国もあるので、日本のたばこ税は高くはないと言えるでしょう。

手軽に買える値段が健康被害について理解できていない若者(未成年を含む)が安易に手を出すきっかけにもなっていると思います。1箱あたり100円の値上げはまだぬるいと感じますが、方向はいいと思います。

たばこを吸っている人の中には、吸っていない人より税金(たばこ税)を払っているんだ、税収に貢献しているんだぞ、と思っている方もいるかもしれません。

しかし、たばこが原因の健康被害に対する治療費の方が断然高額なわけで、健康に気をつけている人々も払っている健康保険料から治療費が払われていることも意識してもらいたいですね。

健康被害を認識し、容認して吸っている人が健康被害に遭うのは自業自得ですが、吸いたくなくても受動喫煙で健康被害にあう方もいることを喫煙者の方はもっと意識してほしいところです。

巷では未だに歩き煙草や吸い殻のポイ捨てなど、マナーやモラルの低い喫煙者がたくさん目に付きます。

ちゃんと分煙を心がけている方もいるのでしょうが、こういう喫煙者の方がいる限り、たばこ=悪みたいな印象はなくならないでしょう。

今度のたばこ税の増税をきっかけに、少しでも喫煙者が減ることを期待しています。特にこれから将来活躍するであろう、若い世代の健康被害が減ることを願っています。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)
5年分の体重と体脂肪率のデータ


SUNA Lifeを昔から読んでくださっている方はご存知の方もいるかと思いますが、ぼくは5年ほど前(2005年3月9日のエントリー参照)からオムロンの体重体組成計HBF-354ITで、ほぼ毎日のように体組成データを記録し続けています。

この体重体組成計はPCにデータを記録していくことができるので、体重や体脂肪率、筋肉率、BMI、基礎代謝、体年齢など、様々なデータを簡単に管理することができます。

今回、久しぶりに体重と体脂肪率のデータを紹介し、考察してみたいと思います。


↑5年分のデータ(クリックで拡大)


4〜5年前は自転車でけっこう走っていて、ほぼ規則的な日々だったので、体重は55〜57kgほどで安定していました。体脂肪率は冬になると上がり、夏になるにつれて下がるという感じですね。これは毎年変わりません。

2008年5月あたりで急激に体重が落ちているところは、前の会社で心身共に疲れ果てていた時期ですね。あのときは食欲もなく、自分が衰弱していくのがわかりました。

その後の体重上昇は、ストレスから離れた生活になったのと、スポーツクラブに通って筋トレをやるようになったからです。数ヶ月かけて細マッチョ体系になり、2009年以降は体脂肪率も12〜15%程度で安定しています。

2009年12月から体重が3ヶ月で約57kg→約62kgと、5kgほど増えました。セラピストとして働き出して、体をよく使うのでよく食べるようになったからですね。

食事がおいしく感じるようになり、食欲も旺盛です。でも体脂肪率はほとんど変化していないので、「太った」わけではないようです。内臓脂肪レベルも2〜3程度です。

5年前17.5程度だったBMIも今は19程度まで上がり、数値上は「やせ」→「普通」の体型になりました。見た目はスリムなままですけどね。身長は180cmで変化なしです。

「体年齢」は数年間18歳で変化なく、2008年後半に一時20歳を超えていたこともありましたが、今は18〜20歳で落ち着いています。実年齢との差は広がるばかりですね。(笑)

さすがに20歳と言われることはないですが、初めて会った人などには25〜26歳くらいに見えるそうです。このままいつまでも若々しくありたいですね。

日々、体重体組成データを記録していると、自分の体の変化を感じることができます。続ければ続けるほどデータが集まり、こうして後から色々と確認することもできます。

生活スタイルの変化や精神的、肉体的な変化、季節の変化など、様々なことが体重体組成データにも表れるのがわかりますね。これからも続けられる限り続けていこうと思います。継続は力なり、ですね。
JUGEMテーマ:写真


| 健康 | comments(0) | trackbacks(0)

Copyright (C) 2001-2012 SUNA All Rights Reserved.